Blog開設。で、お前誰だよ。

2017年7月より山梨に引越しました。トムトムマン(2tomman)、こと、さとうつとむ(佐藤奨)です。※2017年7月に引越

(Photo By May Nagoya)


トムトムマンは、トムという昔からのあだ名を、勝手に自分で派生させたビジネスネームです。まだ誰もトムトムマンと呼んでくれません。これから自分で浸透していけるよう頑張ります。汗


さて、今回の引越(移住)をきっかけに、Blogを開設しました。


ウェブのメディアやブログ系メディアは、数え切れないほど運営に関わってきたのですが、自分を表に出して運営していくのは、久しぶりというか(ほぼ開設しても残念ながら放置しちゃってますので..)本格的にやる気になるのは、今回が初めてですね。実は実は、前に出るのはあんまり得意じゃないんですよね。これからは、少し無理してでも出て行こうと思います。


このブログも、いつまで続けられるか分かりませんが、ひとまず見切り発車してみます。うまく続けられるかどうか、見守ってください。更新が止まったら、笑ってください。


で、山梨に移住(引越)するお前は、いったい誰だよ、という話ですが、


2013年春から八ヶ岳にある「YBP」の活動に関わりまして、2014年にYBP PROJECTとして法人化。以来、自分の一人会社を維持しながら一般社団法人YBP PROJECTの理事 兼 事務局長として活動して参りました。詳しいプロフィールはこちらに書きました。


関わる「YBP」というのは、Yuta's Bike Parkの略でして、Yuta'sのユータとは、BMX・MTBライダー栗瀬裕太の名前から名付けられています。そして、この「YBP」は、栗瀬裕太がたった一人で造成した自転車テーマパークです。詳しくは後日、説明するとしてこんなところです。→ http://www.info-ybp-project.com/posts/1153526

ライダーの栗瀬裕太という人間は、とてつもないヤツで、本当に本当にこの「YBP」という場所を一人で造成しちゃったんですね。ユンボの免許とって、森を切り開いて..のレベルからです。詳しくは彼のドキュメンタリーをご覧ください。

栗瀬裕太ドキュメンタリー → http://www.cycloch.net/2014/01/06/13750/

このサイズのコース、マジですからね。マジで一人で造った。クレイジーですよ。


追記 記事「YBP、ってそもそも何よ!?」

で、彼が、造成していた「YBP」の完成前の2013年春に、運営に関わるシクロチャンネルの現編集長である継松彰宏氏の紹介によって関わりはじめまして、そこから国内で初めて(現在でも唯一となる)BMXレース世界基準コースの完成に関わり、翌2014年「YBP」のグランドオープンのタイミングで一般社団法人YBP PROJECTの事務局長としてジョインしました。

(ちなみに、一般社団法人YBP PROJECTは、栗瀬裕太を代表に、継松彰宏と自分の3名でスタートした団体です。)


運営施設である「YBP」の維持って、国内にこうした民間で運営する自転車BMXだけの競技運営施設の成功事例が存在せず、例えば、こうしたらうまくいく、みたいなやり方が、残念ながら存在していないので、施設の維持のための土地代を払うだけで、ものすごく大変で、コース(施設)の維持のために、YBP PROJECTとして活動を広げながら、なんとか踏ん張ってきて今に至るというところです。


これまではあらゆる活動も、リモートワーク(いわゆる遠隔で出来る作業、って伝わりますかね)で出来る範囲と言っても事務系のほぼ全域と、都市部での主催イベントの関連業務でしたので、自分の住まいであった横浜を拠点でもある程度無理なくやれていました。..が、この7月からはYBPのある、八ヶ岳界隈を拠点に活動をスタートします。


住まいは山梨の韮崎(にらさき)という場所にしました。韮崎は甲府の隣にある市で、中田英寿の出身校として有名な韮崎高校のすぐ近くに住みはじめます。


で、今回、山梨への移住の理由は「YBP PROJECT」の活動の中で、リモートで出来る範囲は、個人的な感覚では、これまでで、ほぼほぼやり尽くしてると思ってまして、


ここからは、時代に逆行するようですが、あえて現地現場にこだわって、近くにいるから出来ることにこだわってみたいと考えてます。そのために山梨への移住を決めてみました。


逆に、自分の一人会社の方は、リモートでやれることばかりなので、都市部に置いてきました。今後も、週1くらいは東京に通うことになりそうですし、遠隔で自分の一人会社の経営を続けてみます。これもある意味ではもう一つチャレンジですね。


YBP PROJECTとして年2回東京有明で開催しているアクティブキッズフェスタも、引き続き運営して行きますので、イベントの前後は結構な頻度で都市部に現れます。もしそちらに行くタイミングで都合のつく方は、東京近郊で会いましょう。


ここからは、八ヶ岳界隈で出来ることを見つけて、動き回りたいと思ってます。


長くなりそうなので今日はこのくらいにさせてもらいます。

0コメント

  • 1000 / 1000