栗瀬裕太が前倒しで実現!YBP PROJECTがスタートするBMXのクラブチーム「TEAM YBP」について

昨日(3月3日)、YBPがある北杜市の長坂町にて、YBP PROJECTが2018年からスタートするクラブチーム「TEAM YBP」の説明会を実施してきました。

親御さんを含めて、総勢約60名の方々にご参加いただくことが出来、これからスタートするクラブチームの方針の説明をさせていただく機会に恵まれました。

(生涯学習センター小淵沢1F軽運動場にて)


この会でお話させて頂いたことは、まずは、育成方針について。

(「TEAM YBP」の育成方針 http://www.team-ybp.com/pages/1710164/policy )


この図に集約されておりますが、クラブチーム創設に向けて話し合いを重ね、そしてここまでYBPの運営を通して栗瀬裕太から伝わってきたことを基にして私が図解させて頂いた形です。


まずクラブチームでは、図の通り。


楽しむことが第一。それが全てのコア(核)です。


そしてSKILL(技術)、STYLE(自分らしさ)、SPIRIT(挑戦心)の向上を目指します。


YBP PROJECTの活動がそうであるように、私たちは常にチャレンジの連続です。

TEAM YBPでは、TEAM YBPに関わる皆さまと「困難に立ち向かう力」、「環境を自分で創る」ということを一緒に目指していきたいと考えています。


この他、新体制にて変更点だったり、クラブ会員になることでの詳細は以下のページに記載しております。

http://www.team-ybp.com/pages/1707285/TEAM-YBP


さて、前倒しで実現したとタイトルに書かせてもらいましたが、2017年からYBPでスタートしたレッスンが、それは、想定していた以上に多くの参加者に恵まれたこと。そしてレッスンに参加する子供達の目(やる気)を感じた栗瀬裕太をはじめとするYBP PROJECTメンバーが、もう少し未来に想像していたクラブチーム創設を前倒して実現しようと心に決めたからでした。


今回の説明会では、質疑応答では一緒に発表側に居ましたが、あくまで私はクラブチームをバックアップする側ですので、参加者の皆さまと同じく、栗瀬裕太が「TEAM YBP」でどういうことをしていきたいのか?を、実際のクラブ生たちを前にして語るところを隣で聴かせてもらっておりました。


隣に居て、彼(栗瀬裕太)が凄いなと思ったことがあります。


それは、常にレッスン生(主に子供達)の気持ちが軸にあると感じたこと。


というのも、説明会では、あえてBMXの日本チャンピオンになろうとか、世界チャンピオンになろうとかそういうことは子供達の前で言いませんでした。


おそらく、指導者として、子供達(クラブ生たち)よりも先にそれを言うべきではないと強く感じているからでしょう。


あくまでクラブチームの子供達が、自分で楽しみながら、その延長線上で頂点を目指す、あくまで軸は子供達の楽しむこと。目指すことを先行したり、押し付けたりしないようにする、と言うことを大事にしているからではないかと思います。


もちろん、これからBMXで頂点を狙う子供が出てくることがあるでしょうし、その時は栗瀬裕太は、チャンピオンを獲得した経験を基にアドバイスを送る日が、いつか来るとは思いますが、


クラブチームがはじまる前の現段階においては、子供達の気持ちを上回る(先に行く)ことはせず、あくまで子供達の楽しみ、やる気、そういうものが引き出て来るような環境づくりを意識していたように感じます。

「TEAM YBP」では、クラブ生たちのスピリットを育むことを一つの目標に、環境づくりを目指したいと考えていますし、私自身もそういう環境づくりに繋げられるよう、この「TEAM YBP」の裏方としてバックアップしていきたいと考えています。


「TEAM YBP」ウェブサイト

http://www.team-ybp.com/

0コメント

  • 1000 / 1000